言葉:芸能人 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • 芸能人

  • 最終更新者
  • unknown user icon
    接続元IPアドレス:2001:268:C085:45D2:3DE8:E16A:87F0:6069
  • 最終更新日時
  • 2021/04/02 02:47

  • タグ
  • メッセージ
  • 芸能人(げいのうじん)は、芸能職業とする人。広義には伝統芸能を披露する人々を含む。日本語の「芸能」は広く流通している表現であり、「芸能界」や「芸能人」などの派生語もまずは大衆文化(大衆芸能)を想起させることが多い。ただし、歌舞伎などの伝統芸能の枠組みもあり、「芸能」の表現は必ずしも大衆文化に限定して用いられているわけではない。英語ではTV star、Movie star、Comedian、TV Personalityなど職種別の呼び名はあるが、日本語の「芸能人」のような漠然とした単語による総称はない。なお、「芸能」の概念は英語のパフォーミング・アーツ(performing arts)の訳語として用いられることがある。パフォーミング・アーツ(performing arts)は日本語に直訳すると「上演芸術」となり音楽、舞踊、演劇などをすべて含む概念である。ただ、日本では「芸能」という語が広く流通しており、「上演芸術」という語は一般的には用いられていない。
    芸能人は売れっ子ともなれば知名度も上がり、仕事収入も増える。結果、ファッションライフスタイル(生き方など)、言動などが常に大衆に注目されるようになり、ときとしてカリスマ的な影響力を及ぼす。一方で、生活を維持し生計を立てるには不安定な職業でもある。人気が無くなれば、テレビ番組や雑誌などのメディアから起用されなくなるなど、活躍の場は減ってしまう。その結果、人々に忘れられれば「お役御免」とされてしまう。メディアでの露出が無くなると、はなはだしい場合は死亡説まで流れることもある。また一般社会からすると不規則な生活が続くこともある。明日のスターを夢見て、常に絶えず若手や新人が登場するが、表舞台で長く活動できるのはほんの一部である。時の流行りや背景で古いものは淘汰される傾向もあり、売れない者や時代遅れの流行らなくなった者には華やかな仕事は回ってこなくなり、地方回りの営業や本人がやりたくない仕事もやらざるをえなくなる。有名になれば、華やかなことだけでなく、自分にとって悪い部分や触れられたくない部分、芸能界以前の過去の逸話やプライベートなことなどの不都合な過去(例えば整形前の顔写真や、本人の公表していない生い立ちや出身校、家族・親族や交友関係など)まで暴露されることもある。またそういったことも含め、良くも悪くも話題になっていかないと世間から忘れられていく者も少なくない。芸能人同士の人間関係、上下関係も業界内においては厳しいことがほとんどである。確実に実力によって人気や地位を得た芸能人や人脈を広げ着実な活動を続けるベテラン勢は、人気が無くなっても大御所的存在となり、後進の指導等に回る者もいるが、その前に生活が持たなくなり消えていく者が圧倒的に多い。歌手お笑い芸人等でも、歌が上手かったり、ネタが面白くて才能があっても、時代の影響や新世代の人気者の登場などが原因で短期間しか活躍できず、一発屋として芸能界から姿を退く者も数多く存在する。しかし「将来なりたい職業」では常に上位にランクインするなど、大衆文化を享受する人々にとっては依然として人気の職業の1つである。芸能事務所に一切所属せず活動している者(元々芸能事務所に所属して活動していたが、様々な事情で退所して個人として活動している者は除く)、あるいはデビューを夢見て各種オーディションを受験中や、芸能人として活動している(いた)者の下で修業中の者は芸能人とは呼ばれない。芸能人は芸能事務所と契約を結んでいるが、これはマネジメント契約であるため一般社会の雇用契約には該当しない。ただし、ニュースでタレントと事務所の契約が解除された場合は不祥事により事務所側から契約を解除されれば「解雇」、円満など自身の都合による解除であれば「退社」と報道されている。個人事業主でありあくまでもタレントのスケジュール管理を事務所に任せており、そのうえで事務所がタレントをテレビなどに売り込んで仕事を貰っている状況で実際にテレビやラジオに出演して貰える出演料は給料ではなく報酬である。

"芸能人" 寄稿者106一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する