言葉:オロモウツの和約 | TriangleSight.Net

詳細情報

  • 検索ワード
  • オロモウツの和約

  • 最終更新者
  • 最終更新日時
  • 2020/02/07 00:27

  • タグ
  • 関連画像
  • オロモウツの和約's relation image

  • メッセージ
  • オロモウツの和約(オロモウツのわやく)は、1479年2月2日ハンガリー王マーチャーシュ1世ボヘミア王ヴラジスラフ・ヤゲロンスキーの間で締結された平和条約。1479年7月21日、オロモウツの祝祭の最中に批准され、これによりが終結した。条約は1478年3月に起草され、同年9月20日にマーチャーシュ1世によって修正されたブルノ条約の条項が全て批准された。この条約により、ヴラジスラフ・ヤゲロンスキーはマーチャーシュ1世にモラヴィアシレージアルチツェを割譲、ただしマーチャーシュ1世の死後には40万フォリントで買い戻せるとした。2人とも「ボヘミア王」の称号の使用を許可されたが、相手をボヘミア王と呼ぶ義務はマーチャーシュ1世にのみ課されたEngel, p. 305. The division of the lands belonging to the Bohemian crown, which was made by the envoys of Mathias and Wladislas at Brno in March 1478, was accepted by the king of Hungary, with minor modifications, on 20 September. It was ratified by the two rulers on 21 July 1479 during the course of splendid festivities at Olomouc. According to the terms of the treaty, Wladislas was to retain the kingdom of Bohemia proper, while the greater part of the territory once ruled by the king of Bohemia, that is, Moravia, Silesia, and Lausitz, remained in Matthias's possession. Wladislas was entitled to redeem these domains for 400,000 florins after Matthias's death. Both rulers could use the title of king of Bohemia, but whereas Matthias was obliged to address his opponent as such, it was not to be the case the other way round. The peace treaty between Hungary and Poland had been signed somewhat earlier, on 2 April 1479, and thereafter until Matthias's death the three countries coexisted peacefully.

"オロモウツの和約" 寄稿者3一覧

編集者を閲覧する

関連動画

関連動画を検索する

関連画像

関連画像を検索する